愛する嫁さん・息子と、楽しく・ゆる~く、不動産賃貸経営♬

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは同時期始めた成功大家さんたちと比べると、ゆっくり、の~んびりペースですが、嫁さんと息子と楽しく前向きに取り組んでおります♪2020年11月法人設立!!ゆるく楽しく不動産賃貸経営を楽しみたいあなた。是非このブログを暇つぶしに読んで下さいませ♪

週末の近況報告です。(品川アパ状況が中心です)

こんにちは。
今週末は、土曜は久々の完全オフにして久々に千葉は房総半島を巡ってきました。
(実は某、気になるサーファーズ賃貸+実需+ショップのコンセプト開発をのぞきに行ってました。)


千葉は一宮というエリアに、高速で行けるところまでいったら1時間40分程度で家から着きました。
当日は晴れていましたが、北東の風が入っており、ちょっと寒かったです。(ブルル)


f:id:jpnumachan5555:20210411154859j:plain
でも、サーファーはこんなのを寒いとは言わないwww。寒いけど。


このエリアは、上総一ノ宮駅からそう遠くない場所に、九十九里ビーチラインという、あっているかは知らんけどもサーファー通りが形成されていて、いくつものショップと食事系のショップが軒を連ねてました。


f:id:jpnumachan5555:20210411155224j:plain
こういうハワイアン系もあったり、


f:id:jpnumachan5555:20210411155250j:plain
ここはパタゴニアのショップでした。
ボクの好きなHurleyは見つけられんかった。


周辺には恐らく「こがねもち系の人々が建てたと思われる、サーファーのおうち」がチョイチョイ建っていて、なかなかかっこいストリートになってました。
今後もっと発展していくんでしょうねー。楽しみ。また、たまに時間見つけて見に行こうかな。


帰りは、アクアラインのモーレツ渋滞にハマって死にかけましたw。


土曜の話はこれくらいにして、、


今日は品川アパの家賃滞納君の今後の対応について、管理会社の担当の方々と打ち合わせをしてきました。
(あまり時間取るとアレなので予め時間もらってさっさと終わらしましたよ)


まずは、彼らへのねぎらいの言葉から初めて、保証会社とのボクとのやり取りを詳細に説明しました。
明渡訴訟一歩手前で、滞納君から連絡があって、滞納3ヶ月分を支払ってもらいましたが、
まだ、御社経由でボクとの契約巻き直しをできていないため、これも問題。
次の契約更改のタイミングで、巻き直しができるまでは執行猶予期間として、明渡訴訟は保留する。
ココまでを説明しました。


彼は彼なりにどうやら出稼ぎ?なのかよくわからんですが、とにかく収入のつてを手繰っていたらしいです。


それを聞いた上で、管理会社の方も、彼らの独自手法で彼の素行を監視していたらしいのですが(やりかたはココでは伏せますね)、


『他の彼の動きを見ていると、ちょっと常識が欠落しているとしか思えませんね~ ^^;。』


と。細かくは、彼のプライバシーもあるでしょうから細かく書くことができないのですが、要は、現時点で「社会を舐めているとしか思えない振る舞いをしている」ということです。


生活保護を相談にいったりするのは結構(結局断ったそうですが)。
でもね、


その前にやらないといけないのは、は「迷惑をかけている人への説明」です。


まず、今回の騒動でどれだけの人が動いて、「本来不要なコストと時間を奪ってしまったか」これを全く考えていない。


賃料不払い、これは、社会情勢やその人の人生でおきる「不測事態」があり、止む終えないこともあるでしょう。


そこはボクはまず責めるつもりはありません。(明日は我が身ですから)
これについての催促をする保証会社もこれは業務の範囲。ここも納得してます。


ですが、それが起こったことについて、関係者に全く相談しないどころか
こちらから連絡しても全く音信不通であること。


聞くに、この方、被害妄想にはいっているようですが、


これがまず常識の欠落です。


管理会社・保証会社のかたも心配して(本当に心配しているのですよ、場合によっては命に関わる問題になっているのではとか、いろいろあるんです。)いるんです。


この滞納君が以前勤めていたころ、一回滞納が発生した際に、会社の上司の方に連絡したりしてます。(その際は、その上司の方もさぞご迷惑でしたでしょう)
→この会社からはすでに解雇されていると聞いています。


親御さんに連絡しても、縁を切っているから意味がなく、ほとほと困り果てての明渡訴訟となったのです。
誰も好きでこんなことしたいわけじゃない。


こちらからの、あなたへの再三に渡る連絡を無視したから、致し方なくこの手段をとったのです。
ここを取り違えているようです。まったく、、、


ボクの物件には、同様の不払いになりそうな方、支払いがきつくなりそうな方から2件ほど相談がありました。
いずれの方も、一生懸命自分の生き方を変えたりして支払いを止めないように頑張ってくれていたり、生活保護という苦渋の決断をして、一緒に次善策はないかと考えて考えて借り主・貸主お互い納得の行く賃料、契約にして次の道を模索しています。


彼らは、管理会社経由やボク(ヨメちゃん)に直接連絡してくれるなどして、相談してくれてました。
ボクはこういう人は基本的に見捨てません。
ホントは収入視点からは、もっと厳しくとの見方もあるかもしれませんが、不動産賃貸経営とはそういった人々の「人生も巻き込むものだし、良い影響も悪い影響も与えてしまうものだ」と捉えて日々取り組んでいます。


ですが、今回は流石にちょっと「違うんじゃないの?」と言いたくなることがいくつかあり(物証あり)、
ちょっと珍しくボクとしては憤慨してしまいました。


少し頭を冷やして、改めてその物証を確認していますが、まぁ、彼なりに苦労しているところも認識しました。
ですが、自分の現況の問題と課題認識からの「次の行動」がなんかずれているのですよ。ほんと。


社会はそんなに甘くはありません。


皆(サラリーマン業、自営業、企業の社長さんもひっくるめて)、日々理不尽や、ストレス、悩み、悲しみ含めて自身で受け止めて、苦しいときには、まずは自助努力して、悩んで、踏ん張って、戦って、それでもだめなら初めて近い友人にアドバイスを求めて、そこから見える少ない光を手で掴んで「自ら」道を切り開いて(成功を手繰り寄せて)いるんです。


決して最初から「ねーねー、たすけてよー」的な行動はしたりしない。(あなたは立派なオトナなんだから)


みんな楽しくやっていますが、実は、裏では本当に足をバタバタさせているはずです。(よね?)


ということで、管理会社の方とは今後の方針として以下する方向です。


1. まず、現時点で彼との信頼関係は崩れたまま→明け渡し訴訟の執行猶予期間であること。
 →次の契約更新はきっちり結んで、これまで未納の更新料は必ず(分割でもなんでもいいから)払うこと。
2. 上記の素行から、信頼関係がもとに戻るまでは、1年の定期借家契約として契約をやり直す。
→それが嫌なら出ていって。
3. 管理会社からの連絡には遅くとも1ヶ月以内に連絡が必ず取れるようにすること。
 →これがだめなら契約解除とする。


上記を早速動いてもらうことにしています。


しかし、弱ったものです。
ボクの経験上、こういうタイプの人は、「自分を律する」ことに関して不得手であるように思えます。
結果、他の方からの信頼が失墜して、、、というスパイラルに陥る傾向にあるので、
今後も管理会社・保証会社の方と連携して細かくケアしていく必要がありそうです。


それでもなお、心のどこかで彼が改心してくれることを望んでいます。
(せっかく、人生で関係(縁?)を持ったのですからね。。。)


読んでくださった皆さんに何かしら参考になれば幸いです。


ちょっと心がすさみ気味だったので、帰りに神社さんとお寺さんにお参りして心を清めてまいりましたw。


f:id:jpnumachan5555:20210411173001j:plain


さぁて、気を取り直して次に行きましょう!!!
では!!

f:id:jpnumachan5555:20210411173011j:plain
こちらは昨日の千葉・房総の旅の一枚(ツイッターより再掲)