愛する嫁さん・息子と、楽しく・ゆる~く、不動産賃貸経営♬

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは同時期始めた成功大家さんたちと比べると、ゆっくり、の~んびりペースですが、嫁さんと息子と楽しく前向きに取り組んでおります♪今年嫁さんがもう一棟購入できたら、いよいよ法人成を計画していきます。ゆるく楽しく不動産賃貸経営を楽しみたいあなた。是非このブログを暇つぶしに読んで下さいませ♪

なんとも難しい局面が続きます。だからこそ面白い、不動産投資の相場。

今晩ワイン。( ゚Д゚)


ここ1ヶ月ほど、確かに物件は安くなってきていますね。
「しゃー、俺らの舞台のまくあけじゃー」
と鼻息荒げておったのですが、、、


あなたもお感じかもですが、
確かに、クソ物件は下落傾向ですが、それ以外の「ん、これは投資したい!」というエリアの物件なんつーのは一向に下がる気配がないですね。。。


https://www.kenbiya.com/ar/cl/sencho/79.html


僕の個人的な目標の一人、極東船長さんのコラムでも似たような感覚をお持ちで、全体的な相場観は同じ感覚なのね、、と認識しました。


おそらく、ある程度の自己資金と、一定の実績をお持ちの投資家には、金融機関も貸し出しを渋らない状況なので「価値ある物件」の価格はそう簡単に下がらないということなんじゃないかなと考えています。


あともう一点。
今の日本経済って、下振れ要素はみんな認識しているけど、なんとなく先延ばししちゃってる感が満載ですよね。
ロジカルに考えると、「どう考えても下落するはず」。は共通認識。
ただ、暴落しないのは、先延ばしで全体的に「びよ~~~~~~~~ん」とリスクを先に延ばしているから、でしょうか。


僕個人の意見でしかない(かつ、僕ぁ経済アナリストでもなんでもないので、何の参考にもならんのですが)すのですが、いましばらくは、不動産投資の市場はこのなんとも言えないアンニュイな状況が継続しそうな気がしてます。


売り手側も、「もしかしたらこの価格でかってくれるかもぉ~」というお花畑価格を堅持しそうです。
※繰り返しますが、さすがにこの相場は終わってますのであしからず。とっとと、現在の適正相場価格で売りぬいた方が身のためです。


大きく相場が動く(ここでは暴落)としたら、いまは、ワールドワイドで起きる下落相場がきっかけになると思います。先日、ドイツ銀行が2万人のリストラしてましたね。ドイツ銀行の持つデリバティブは一説には75兆ドル(約8800兆円)と、ドイツのGDPの20倍超らしく、2万人のリストラしたところで何の問題解決にもなってません。これが派手にはじけたらどうなるか、、、とか、、、


中国の経済も果たしてどうなのか、、、とか。中東、ヨーロッパ諸国も火種だらけですものね。


ですが、いずれの火種も、巡り巡ってドイツ銀行デリバティブにつながって世界経済大混乱、、、というのがもっぱらの噂。。(てか、フツーに考えたらすでにぶっ飛んでいてもおかしくねーぞって感じですが、、)


あまりに、規模がでかすぎでいま、世界全体で「なんとか、何とかなる方法で、なんとかならんもんかなー」と苦労を続けておる次第です。でも、数字はうそをつかない。いずれは破綻するはずです。


このタイミングで、未曽有の不動産大バーゲンセールとなるか、、、(てか、そんとき僕らも飛んでるとか(;^_^A)


一方で、日本の不動産は世界のそれに対して割安という話もあるし、、、


やっぱ、一筋縄じゃいかないようでうすね。
とにかく、シナリオA/B/Cを自分なりに想定しておいて、どういう局面でも切り抜けられる、もしくは、「命を懸け、あらゆる不動産にベットする」選択をできるようにしておきたいものです。


ameblo.jp


このブログ、ウォッチしておきましょう。


ちなみに、僕がここ最近買い付け入れた2件、まだ、売れてないそうです。
どーなるんだろ。
#僕の買い付け価格はちと高いかなーって感じがする。(数字的には合うけど)
もし、「kanaloaさん、買いません?」ってきたら、もう少したたこうかな。。。


ま、タラればはやめておきましょう。


引き続き、市況はウオッチしておきます。


あ、やべ、新築のコンセプト整理が7/21まででした、今週末気合入れてやっかな。


ではでは。