読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

かなり悩んだけど、購入を見送った横浜某ターミナル駅から数分のデカい土地&築古物件の話。

珍しく2日連続の更新(笑)
いつも読んで頂いてありがとうございます。
これからも特に張り切ることもなく(?)マイペースで参ります。お付きいくださいね♪



さて、今回は、昨日の記事で少しだけ触れた、購入を見送った横浜某ターミナル駅から数分のデカい土地&築古物件の話。
スっごく悩みましたが、あえて厳しい指値をして「これで購入させてもらえれば、ラッキー」ぐらいのスタンスとしました。


某大手不動産業者の若手営業マンから紹介された物件でした。


本物件を紹介してくれた営業さん。
実はこれは初めての経験だったのですが、某大手不動産業者さんの営業さんからのいわゆる「飛び込み営業」でした。
元々別の店舗で僕の顧客情報を入力していたのですが、これをその業者さんは共有しているんですね。
その情報から僕に声をかけてくれたのがきっかけ。


最初に紹介されたのは、横浜駅からほど近い土地でした。価格はぶっ飛んでいて購入は無理だったのですが、これも何かの縁と思って今後の物件紹介をお願いしたのです。


それから数回、まぁまぁ、の物件を紹介してもらいましたが強いて欲しいわけでもなく見送りを繰り返していました。


おとといの夜でしたか、21時前ころにメールがポロリと入って、

横浜JR某ターミナル駅で、土地は500平米越え、築30年ですが、売り主が売却急いでいるので、売値1億5千万が、9000万くらいになりそうです。このエリアでこの物件は希少なので是非ご検討を!



とのこと。


ほんとかよー。と思いつつ、物件資料を眺めていると、「ほー」、「へー」、、、「うん、なかなか面白そうじゃない、いっちょ物件みにいきますかね。」となり、翌日朝から現地へ出発。


この駅から徒歩10分切る物件でこれだけのまとまった土地、そして規模感からして、悪くはないんです。
なので実際に現地で判断しようと。


ただ気になったのは、その物件の評価が出るかどうか?価格9000万ですからね。。。
路線価の話はとりあえずおいておき、現地に向かいました。

いきなり道を誤って、とんでもない丘を登り、炎天下で熱中症寸前に。(笑)

横浜は、みなさんご存じのとおり、いずれの駅からも徒歩6分も歩くと大体山が見えてきます。(海側でない場合)。
御多分に漏れず某ターミナル駅も陸側は、歩いて5分くらいから急激に傾斜がきつくなっています。
浜っ子は、これが当たり前でそんなに苦痛であるという話を聞いたことはないでっす。


、、、が、その日は、超ピーカン、光化学スモッグがされているさなか物件探し。。。
あ、僕、物件に行くときは絶対営業さんとはいきません。
じっくりいろんな点を見てみたいので、いちいち、わきからあれこれ言われるのが嫌なんです。


なので、毎回住所から、NEXUS5のgoogleマップアプリのナビシステム(ナビ子ちゃんって言います)に道を尋ねながら捜し歩きます。
まーこれが楽しくてしょうがないんですよねー。(わかりますよね?この気持ち)


ですが、今回のそれは地獄を見ました。詳細な住所を突っ込んでナビ子ちゃんが指示した場所は、ちょっと粗目の住所ポイントで、実際の物件のワンブロック遠い位置を指示していました。


てっきり僕はそこが現場だと思って、ナビ子ちゃんの言われるがまま、てふてふ歩く・歩く・歩く・(片手に最近お気に入りのトロピカーナ・ココナツジュースをもって。)


ですが、、、どうやらナビ子ちゃん、違った場所を指していたようで。。。


とんでもない急斜面の階段を上り始めた時点で、「いや、これはないわ。。。」となり、、、
現地に付いたと思ったら、超ピカピカの●イワハウスの●ROOMがありました。


半分熱中症寸前のぼーっとした頭だったので最初はこれが目指す物件と勘違い「おぉー、ピカピカやん!!、、、っておい、これ物件名違うじゃないか!!」。
ピカピカでしたが、でもあれだけの坂を上ってこの物件かー。最初だけだろうね。。。。と。
(ここにも、不勉強な地主さんをむさぼるハウスメーカーの構図がありました)


さて、困りました。住所指定しても、ナビ子ちゃんが正しい物件を指してくれない。。。


意識も朦朧としているなか、近所を歩いていた人にヒアリングするも「いやー、僕ここ地元じゃないんで、、、」とかではずればっかり。。。なんとついていないんだ。。。


一旦日陰で体を横にして、視点を変えて、物件近くのランドマークの建物を探し、この名称で改めて地図を引いて、ようやくたどり着きました。

おーーーーー。


そこには、広い敷地にどっかりとたたずむターゲット物件が。

んー。これまたキッタナイ物件だなー。


最初の印象でした。


さて、この物件の印象と、物件購入を見送った経緯を次回に書きますね。(今日はこの辺で)


物件探しで頑張っているあなたにはそれなりに参考になると思います。
この物件は見方によっては、提示額の9000万でも十分いける物件だったのですが、、、
なぜ僕が見送ったか。参考にしてくださいね。


人によってはいい物件になると思いますよ。

ではでは。