愛する嫁さん・息子と、楽しく・ゆる~く、不動産賃貸経営♬

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは同時期始めた成功大家さんたちと比べると、ゆっくり、の~んびりペースですが、嫁さんと息子と楽しく前向きに取り組んでおります♪2020年11月法人設立!!ゆるく楽しく不動産賃貸経営を楽しみたいあなた。是非このブログを暇つぶしに読んで下さいませ♪

週末のKanaさん。~5月の爽やかな晴れと、潮風と。そして少しだけ生き方を考えてみる~

久々のUPでございます。
どうも、Kanaさんです。


f:id:jpnumachan5555:20210523212202j:plain

今日のスタートは、湘南の玄関口!藤沢駅!!!

いやー、今日は本当に気持ちいい一日でしたね。(これは全国的だったのかな?)
5月の爽やかな風にのって。


今日はこんなレシピでまいります。

気になっていたレンタサイクル"Hello Cycling"で湘南物件めぐり

昨夜から風が軽くなってきたなーとおもって天気図見たら前線が下にさがっていて、かつ、軽く低気圧が日本海にあるから、こりゃぁ、気持ちい風が吹くカタチよねー、ってことで、

f:id:jpnumachan5555:20210523204416j:plain


以前から気になっていた、”Hello Cycling” を利用して、今度お話を伺う工務店さんが手掛けた賃貸物件を一気に6つほど見てきました。

物件めぐりはこれまで地域に行ってはひたすら徒歩で時間の許す限り見て回るスタイルでしたが、
徒歩ではどうしても時間がかかるという点がデメリットです。
メリットは、「歩いてこそ見える景色がある」ということ。

時間のデメリットを打ち消す手立てとしては、

・自転車(持っていく?)
・自動車

でめぐるという発想。
自動車はコンパクトな街(特に道路が狭い地域)では、かなり制約があり、駐車場探しとか基本週末なので大変ですし、


自転車はそもそも持っていけるようなものがないw。


デメリットを打ち消す良い手立てはないかと思って、ちょっと前から気になっていた「ダイチャリ」っていうエンブレムが付いたチャリを借りてみてみたらどうかなと。
で、調べてみたのですよ。そしたら、複数の「シェアサイクリングサービス」を一つまとめた「新しい交通インフラ」という触れ込みで頑張ってらっしゃるようです。


その名も「Hello Cycling」

www.hellocycling.jp



自転車のシェアリングサービスも地域ごとに複数あって、そのたびにアプリを入れるのはうっとおしいなぁとおもっていたら、こういった便利サイトができていたのですねー。素晴らしい!!!


てことで使ってみました。


結論からいうと「めちゃくちゃ便利!」ということです。


手順もすごく簡単。

1. アプリをスマホにインストール。
2. 決済手段を登録(ボクはクレジット決済にしてます。)
3. アプリで地域のシェアチャリの待機場所(ポート)をタップ( すると、何台あいてるかわかる)
4. 借りたいチャリを予約する(30分予約有効みたい)、払い出された暗号(4桁)を控える。
5. ポートに行く
6. チャリのコントローラーを電源ON!
7. 暗号を入力→サーバーとチャリが会話して、問題なければ解錠!
8. ポタリング開始~♫

てことで、想像よりも随分楽ちんでした。
決済方法もいくつかあり、ICカードSUICAとか)であれば、予約も不要(ただし、現地に行ったら誰かに予約されている可能性もある)です。
が、ICカードはなぜか現場で登録ができなかったので諦め、カード決済としました。現地行ったらICカードだと他人に予約されていることもあり、借りることができないリスクもあるので、ボクはカード決済にしたほうがいいかなと思ってます。


Kanaさん初のポタリングは、以下のルートでした。

1. 鵠沼周辺&辻堂周辺の物件めぐり
2. 辻堂でランチ
3. 江ノ島
4. 七里ヶ浜
5. 鎌倉由比ヶ浜
6. 逗子海岸

チャリは、藤沢駅を降りて少し歩いたドラッグストアの脇にあったものを借りました。(駅前だと充電が不十分なものしかなく、少し歩いて満タンのチャリにしました。あ、Hello Cycleは基本電動アシストママチャリです)


物件写真は承諾頂いていないので、掲載しません。
途中、前からちょいと気になっていた、辻堂の「SHOAN T-SITE」へ。


store.tsite.jp


代官山にある、蔦屋とスタバのコラボ商業施設の湘南版です。


f:id:jpnumachan5555:20210523212137j:plainf:id:jpnumachan5555:20210523212141j:plain

蔦屋・スタバ以外にチャリ屋、雑貨屋、パン屋、ビュッフェスタイルのレストラン?が入っていて盛況でした。
食べようかなーと思ったけど、人が多かったので、もう少し海側に足を運んで、
これまた気になっていたアメリカンダイナーへ。


f:id:jpnumachan5555:20210523210854j:plain

アメリカン・ハウスさんってお店です。

f:id:jpnumachan5555:20210523210906j:plain


いわゆるアメリカのメッシー屋さんというテイストで、映画に出てきそうな外観と内観。
辻堂のファミリー層から、若者までたくさん来てました。
そこで一人、セクスィアラフィフのKanaさんがいる絵面もまた、セクスィwww。



アボカドバーガー、一瞬「あれ?ちいせぇか?」と思って食ったのですが、最後には腹いっぱいでしたw。
味も良かったですよ。
茅ヶ崎のサウザリーさんの「大豆パテのベジバーガー」も個人的にはおすすめです♫。


結構アメリカ系のご家族もいらっしゃったかな。ちょっと異国情緒出てよかったです。


食後にもう1件だけ、物件を見て、そこからは一気にROUTE 134 (134号線w)を江ノ島方面へ。
あ、この工務店さんの物件、今回は木造に絞ってみましたが、特に高級材料を使っているわけじゃないですが、デザインをちょっと工夫して他物件と差別化されている感じで、個人的には嫌いじゃないです。


新しいということもあるのかもしれませんが、全て「お満室」でした。
※最近、湘南海側って物件が枯渇してるらしく、良い物件は引っ張りだこだそうで、ボクもはよつくらんとw。


今回のKanaポタリング
目的がもう一つあって、弊社のマルチメディアクリエイション事業部の事業部長兼クリエイターの天才ムスッコが最近猛烈に動画編集にハマっており、自分でYOUTUBEの動画クリエイターの動画を見漁って、編集ソフトの使い方はあらかたマスターしたみたいで、ココ1週間ほどガツガツ動画編集をしてるようです。


ボクと一緒でクリエイターなんだなぁーもう。(ん?)


こういったこともあり、彼から、「父ちゃん、湘南行くんでしょ?だったら、いい感じの海をイメージできるいろんな動画素材撮ってきてよ。いくつか創って見るからさ。」


『お、オウ。任せとけ!』


というこで、性能のショボいコンデジ片手に湘南の様々な動画素材をとるミッションも仰せつかっております。


・上記アメリカンダイナーの動画
江ノ島周辺の動画
七里ヶ浜の動画(あの有名な鎌高の踏切の江ノ電を撮ってこいと言う指示あり^^;)

f:id:jpnumachan5555:20210523212628j:plain

f:id:jpnumachan5555:20210523212633j:plain

江ノ電が通るシーンは動画で抑えたので。

ちなみに、以下は一度行ってみたい、アマルフィ・デラセーラ。
ここは秋口とかに、夕焼けを見ながら、デナーってのもおつかなーなんて ^^)o

f:id:jpnumachan5555:20210523212743j:plain

崖の上のやつです。シャレオツです。

でもって、以下が、「海を見ながら世界一の朝食を」でおなじみの。Billsさんが入っている建物。

billsjapan.com

f:id:jpnumachan5555:20210523213055j:plain


どれをとってもシャレオツです。


・七里のパシフィックドライブインの動画

f:id:jpnumachan5555:20210523212818j:plain

ここは、ホントに、エモぃし、バエますよねー。
ただ、むちゃくちゃ混んでました。(ちょっとお店には入る気しない ^^;)


・鎌倉・逗子の海岸線の動画

f:id:jpnumachan5555:20210523213141j:plain

f:id:jpnumachan5555:20210523213146j:plain

f:id:jpnumachan5555:20210523213150j:plain


ナドナド、まぁとにかく、コンデジ・手ブレバリバリではありますが、ボクなりに様々な画角、寄ったり引いたり、固定でしばらく撮ったり、、、色んなパターンの動画を取りまくりました。
8GBのSDカードはパンパンになっちゃいましたw。


10時頃に藤沢駅について、チャリを借りて、18時に京急逗子・葉山駅前の逗子市役所の返却場所にチャリを返却。
チャリとはいえ、なかなかの運動になりました。(アシストされているのに、足パンですwww)


太陽をいっぱいに浴びたので、ビタミンD形成もバッチシ(免疫力復活!)
コロナに対抗する体作りも完璧です!
ま、基本 NO 3密ですしね~。


他の方々も、初夏の様相でも、マスク着用で、適度な距離感で湘南を満喫されていたようです。
あとはコマ目に手洗いうがい顔洗いw。
ぼくはこういう過ごし方でいいのではないかなと思ってます。


満足行く週末となりました~(結構今週もストレスフルなリーマン業でしたからねー)

DIE WITH ZERO


さて、少しだけ、ボクの生き方について考察してみました。
とあるフレーズが気になって、でも読んでいなかった本。


「DIE WITH ZERO」


たまたま、ムスッコがこれのわかりやすいアニメ動画?見てて、「んだこれ、おめー、本読めよ」と言いつつ見始めたら、いつの間に引き込まれてましたwww。



www.youtube.com


本をちゃんと読んでませんが、要は「死ぬときにいくらお金を持っていてもあの世じゃ使えないから、死ぬまでに使い切れ!」という話だと思います。


基本的に賛成です。
一つ加えるとするならば、死ぬ際には”ボクは”お金はいらないけど、「残される子たち」には、「最悪、子供達が露頭に迷わないレベルのお金を残しておく」ことは必要かもしれません。


難しいです。最初から「お前にはこれだけの資産があるから」と伝えると、ソレに甘えて、残念なおとなになったりしないかとも思いますし。だからといって、「おめーにゃ、一銭も残さねーからせいぜい頑張んな」というのもちょっと寂しい気もします。


基本的には、子供が成人するまでの体験に対しては親として徹底的に支援してあげるのがボクの考え方で、ソレ以降は自分でなんとかしろ(多分それまでに素地ができれば後は応用の世界だとおもうので)。なのですが、


いざ、自分がこの世からバトンをムスッコに渡す場面を想像するとき、
やっぱり、親バカなんでしょうか、何かあいつの下支えになれる何かしらの資産を残してあげたいとも思います。


この辺は、これからの20年程度の間に自問自答して、自分なりの最適解を探していくつもりです。
せっかくなので、この世界で知り合えた方々の様々な貴重なご意見も拝聴しながら。


別にこのDIE WITH ZEROに感化されたわけじゃないですが、


ボクが湘南に移住するというもの、まぁ、こじつけかもですが、こういう生き方に沿っている部分があるんじゃないかと。
40半ばを超えたあたりから、なんか、こう、「死」というものを意識し始めて、また、リアルに体が20代の頃と比べて衰えてきているよなーと感じ始めて、


会社のしごと人100%な生き方もそろそろ見直すべきかもしれんなーと。
60過ぎたあたりから、人はお金を使わなくなるってのはいろんな方の話から恐らく正しいことなんだと思うし、
体も60過ぎると今よりももっと言うことを聞かないはず。


であれば、衰えては来たけど、まだ走ろうと思えば走れる、飛ぼうと思えば飛べる、この歳を堺に、自分のやりたいことを(できるだけ)素直にやっていこうかと。
幸い、テレワークになって依頼、ヨメちゃん、ムスッコとは会話する時間が増えています。(ムスッコは最近あまり会話してくれんけど (T_T) )


今後のボクらの人生をどうするか、また、ムスッコの人生について「オメーはどう考えてんの?」的な話を気づいたときにするようにしてます。
まだ、ムスッコは、「うーん、まだ具体的ではないんだけどね。」と言うレベルを超えませんが、それでも最近は自分なりに色々考えているようです。(成長してるんですね。)


ボクwithヨメちゃんは、FIREについては、肯定も否定もしてません。
その人の生き方次第で決めりゃいいだけの話ですからね。


ボクwithヨメちゃんは、どちらかというと、ボクのリーマン業のいわゆる「賞味期限」が後少しであることを常日頃会話しており、会社からボクの必要性がなくなった時点で露頭に迷わないように、今、必死に事業拡大を続けているというのが実態です。


FIRE優先ではなく、「自分たちの好きなことを優先して、ソレに集中できる環境を構築していく」ということを最優先として取り組んでいます。


その結果が、FIREなのか、否か、というだけです。


FIREという言葉は嫌いじゃないですよもちろん。そりゃ自立できるのは早ければ早いほどいいです。(実はこれも本音だったりしますwww)。
けども、ソレにフォーカスを当てすぎて、足元をすくわれる用では本末転倒。


この辺のいわば「バランス感覚」がこれから、”より”重要になってくるんじゃないかな。


そう考えながら、南側からひたすら日を浴びて右半身の日焼けで体が火照りまくって悶ている、Kanaさんでした。


f:id:jpnumachan5555:20210523220740j:plain


↑しかし、いつの間に、新逗子駅が、「逗子・葉山駅」に変わってたんだろ。(^^;


それじゃ、また今週も月曜からスーパーダッシュでまいりましょう!!!


ボクの賃貸併用は、建物のコストダウン計画もできるところまで終わらせて、いよいよ建物の決済手続きに入ります。これが終わればーーーー。


建築開始じゃーーーーーー!!!
てことで、この続編もご興味アレばお楽しみに。(^^)o


では、また次回~。