不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

面白いリーダーシップ論の動画(是非この動画見てください)

こんばんは。


今回は、不動産投資とは直結しませんが、不動産投資は不動産賃貸事業であり、その経営者である私やあなた(もしくはこれからなろうとしているあなた)は、規模の大小にかかわらず、経営者としてあらゆる場面でリーダーシップを発揮せねばならない場面に遭遇します。


「え?だって、個人事業主だから関係ないじゃん」


と言っているあなた、んなことはないですよね。
だって、賃貸事業を営む以上、管理会社を始め、リフォーム業者、清掃会社、税理士の先生、物件を持ってきてくれる仲介業者ナドナド、これらを一つの「チーム」と見立てて、引っ張っていく必要があります。(あ、引っ張っていく、、、とは若干語弊があるかもです。その理由は以下で紹介する動画に関係します)


僕も現在マネジメントの立場からプロジェクトを牽引する立場にあります。
研修の場でも様々な教育を経てリーダシップ論を学んで、現在も1ヶ月に1回程度のプロジェクトマネジメントの訓練を受けて、これを現場に活かそうというプロセスを回しています。


いろいろ学んできましたが、今日たまたま、リーダシップに関する面白い動画を見つけました。


経営者として尊敬する星野リゾートの星野佳路さんに関する動画はないかとyoutubeをあさっていたらたまたま見つけたのですが、
彼がMCをつとめて、東京大学大学院・池上さん×衆議院議員小泉進次郎さん×ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表土井さんをパネラーとして招いたリーダシップに関するセッションが非常におもしろかったので紹介です。



小泉進次郎氏・星野リゾート代表が語る「リーダーシップ育成法」とは?


それぞれの分野でトップを走る経営者・教育者・政治家・NGO代表の考えるリーダシップ論(信念とでもいいましょうか)は聞く価値ありです。


僕自身は政治家はどうにもすきになれない部分があるのですが、小泉進次郎さんは、たまたま通りかかった横須賀の小さな港町で草の根的な演説会に鉢合わせて(当時、まだ頭角を現していなかった頃ですが)、「なんだ、この若造は」とおもってなんとなく聞いてみたのですが、あっという間に引き込まれてしまったのを今でも鮮明に覚えています。


それからずっとファンなのですが、今回の動画でもリーダシップについて面白い論理展開をされていました。


「羊飼い的なリーダシップ」


という、彼の独自のリーダシップ論は非常に共感できました。


他のパネラーも独自の考え方をお持ちで参考になりました。


いやしかし、世の中に影響を与える人の考え方ってものすごくポジティブなんですね。。。
反省でございます。


それじゃ、今日はこのへんで。