不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

動きそうで動かない不動産投資の相場。あなたはどう考えますか?

お盆期間中は、ひたすら横須賀ヴィンテージ戸建てのテコ入れに嫁さんにアゴで使われておりました。(泣)
業者さん、安く上げてくれるのは本当にありがたいのですが、いかんせん工程管理がずさんで、嫁さんと僕で現場監督まがいのことをやっているのが現状。


8月中旬仕上がりでそこから募集かけて、、、と行きたいのですが、残念ながら工程延伸。。。
今、前倒しでハッパかけておりますが、多分、9月上旬までまたいじゃうかもです。んー。
その分、無料でカラーモニタ付きインターホンや、その他諸々の追加工事を追加料金なしで飲んでもらうことに。
まぁ、いいかと。


今週末、状況確認に行くので、また状況報告しますね。(だいぶいい感じにはなってますよ)


さて、


不動産投資市況。膠着状態が続いていますね。
しかし、ここにきて幾つか良さそうな物件が出てきていますが、100万、200万の指しが通らず、高値づかみはしちゃいかんという考えのもと、状況を生還しているところです。


現在、日本でお金は日銀が国債をバンバン購入しているのに、ホカに流れる余地がないため、結局は不動産にながれているのが実情だそうですね。
ですが、いよいよ、日銀の購入先である国内金融機関の国債も底をつきかけているとか。。。
加えて、アベノミクスの限界も見えてきている。。。
金融庁の締め付けもそろそろ厳しくなってこないか。。。


でも、相場は動きそうもないですね。。
いやはや、難しい。


ここは、いろいろな情報を読んでいて総体的にこうならんかなぁという話ですが、
国内では、いつ不動産投資相場が大ゴケしてもおかしくない状況でもなんとなく「全不動産投資家がゆでガエル状態をキープ」していていく相場がダラダラと続いてくと考えます。
→これが僕ら「次の買い場を待っている、比較的まともな投資家(?)」にとって最悪のシナリオです。
 残念ながらこの相場がしばらく続きそうな予感。。。


仮に、大ゴケする相場(すなわち、僕らが待望する買い場)が来るとしたら、国内のイベントがトリガではなく、海外の大相場が巡り巡って日本の経済にダメージを与えるときかなと思います。


  • 中国の不動産バブルが弾ける
  • イギリスのEU脱退を端に他EU加盟国が脱退し、EU経済が狂う
  • アメリカの不動産市況がまたおかしくなる(※)
  • 北朝鮮問題が最悪のシナリオを迎える(これはあっちゃいけない)


※アメリカでのサブプライム問題によるリーマンショックは記憶にあたらしいところですが、僕の好きな映画「THE BIG SHORT (邦名:マネーショート)」によると、サブプライム問題の原因となったCDOの仕組みが形を変えてアメリカでその販売額増えているという話があります。


★是非、ビデオ借りて見てください(学ぶところが本当に多い、近年まれに見る名作だと思います)★

映画『マネー・ショート』7月6日(水)ブルーレイ&DVDリリース!(30秒動画)


こうやって、世の中、良くも悪くも巡り巡って、忘れた頃に経済が暴落するというスパイラルを描いています。


そういえば、リーマンショックは、2008年、その兆しが出始めたのは2007年頃。


今年は何年か?=>2017年。


兆しは見え始めていますよね。
日本国内の相場は行くところまで行っており、さながらチキンレースの様相。
海外は、上記の通り。。。


経済の大きなスパンで考えた場合、来年あたりに何かあるのではないかと考えてしまうのは、ロジックとしては間違いではないかと思いますが、さて、実際はどうなるか?


繰り返しますが、今、業者さんゴリ押しの新築7%とかはほぼ間違いなく苦しい状況に追い込まれると思います。
本当に儲かるのか?(見せかけだけのキャッシュフローに踊らされていないか?)じっくり、分析ツールとかで客観的に数字を抑えてください。


今は、手持ちの物件の改善活動(持っている物件でもやれることはたくさんあるはず。)、小さいオンボロ戸建てを買って、ブルーオーシャンな戸建て賃貸戦略、ひたすら自分の買いたい物件を見学して、業者さんとのパイプ作り。ナドナド、やれることはたくさんあるはず。

上がったものは、なからず下がります。


これを信じて、マネーショートの世紀の空売りに根拠を持ってチャレンジした人たちのようにまちましょう。


うぅ。。でも、そろそろ新しい1棟、欲しい。。