不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

宅配ボックス設置までの経緯(1)

ども。夏休みいかがお過ごしですか。
僕はすでに取得済みであります。


週末は、横須賀物件のリノベーション作業(意外と進み悪く、現場監督と現場経験と掃除を兼ねてがんばっとります)で出ずっぱり。


戸建賃貸。ほんと、好きじゃないと続かないっす。(楽しいからOKですが)


さて、話は品川物件の宅配ボックスについて。
設置までの経緯をお話するということでした。


もともとは、前回記事にあるとおり、昨今の宅配業者の再配達問題をきっかけに、零細企業ながらも何かしら改善に寄与できんものかという(珍しく純粋な?(笑))きっかけで始めたこのプロジェクト。


世の中には、グーグル先生に聞けば分かる通り、簡易の(個人レベルの)宅配ボックスというものはすでにあるようでしたが、僕と嫁さんが目指したものはそのレベルではなく、もう一つ「地域に貢献できないか?」というホカにはない発想を組み込んだものです。


これに基づき「かなりシステマチックに運用できるものであり、これによって、本アパートの入居者の利便性のみならず、物件が存在している地域の利便性も上げていきたい」という要求定義を掲げました。


ここから嫁さんが怒涛のgoogle先生問い合わせ。(笑)


まる二日くらい調べた結果、幾つかの候補が上がりましたが、
最終的に以下の業者を選定。


パックシティジャパン | オープン型宅配便ロッカー


ただ、直接この業者とやり取りしたわけではなくて、最初はクロネコヤマトの窓口に宅配ボックスの問い合わせをしてそこから取り次いでもらった、、、が正しいかな。


細かい話は次回にしますが、結論から言うと、PUDOステーションを置くのであれば、直接この業者さん(パックシティジャパン)に問い合わせたほうがいいです。


何故か知りませんが、クロネコヤマトの窓口担当さんは「この手の問い合わせが多いんですぅ」と乗り気ではなかったそうで、嫁さんもテンション下がり気味だったのですが、


その後、パックシティジャパンさんに問い合わせたところ、「是非検討させてくれ」と鼻息荒げだったのです。
※この温度差、何なんでしょう(笑)


当初クロネコヤマトの担当さんからは、「住宅街なので、条件次第では設置は難しいかもしれません」ととにかくネガティブな反応しかなかったのですが、


パックシティジャパンの担当さんに聞いたら「まずは検討させて!!」とイケイケ。


結果的に、設置可能と判断していただいたのです。


PUDOステーションは設置してから1ヶ月ちょい。
今月のかどう実績は、2件だそうです。


なんとなく想像通りかな。


知名度は今後徐々に広まっていくと思います(あまりゴリ押しはしないつもり、こういうツールってのは口コミで広がる力のほうが安定運用につながると考えてます)。


感覚的には半年くらいかかるかな。


どちらかと言うと、テナントリテンションが目的であって、直接的な利益を求めているわけではありません。
最終的な稼働率UPが目的。
おまけに、地域の利便性向上も。


なので、ゆっくり、じっくり温めていきます。


次回は、我々がPUDOステーションを選択した理由などを徒然に。


===
PS. 横須賀戸建ては、8月10日引き渡し予定でしたが、案の定工程が遅延。(うーん、僕のプロジェクトとそっくり(笑))ただ、理由があって、追加で防蟻処理や、排水周りの改善を施しているので、必要な工程延伸と理解しています。現状進捗率は、60%ってところでしょうか。
ま、この業界に、我々製造業並みの工程管理をせよというのはチト、酷でしょう。暖かく見守るところは見守り、抑えるべきところは抑えていく、そして学ぶべきところは学ぶ。この姿勢で粛々と勧めてまいります。
9月には、完成版をお披露目できるかな。(あとは本当に貸せるかですね(汗))