読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

気づく人は気づいている。(新スキームビジネス)

不動産市況やセミナーの話 不動産投資・不動産賃貸ビジネスに関係する経済のお話

こんばんは。


年明け早々、株価暴落って。どうもきな臭い感じが否めませんが、まぁ、僕らは楽しく一日一日大切に生きてまいりましょう。


さて、僕は昔こそ毎日のように不動産投資系のブログランキング上位者のブログを虱潰しに読んでいましたが、最近は全くと言っていいほど読んでません。
内容がないとかそういう話じゃなく、単に読まなくなっただけ。


ですが、幾つか(ほんとに2つか3つ)読み続けているブログがあります。


その中の一つのブロガーで、DIYならばこの方という人のブログで、僕の新スキームビジネスの対象エリアのそのものずばりの話をされていました。
やはり、分かる人はわかっているんですね。


彼も、このゾーンの潜在的な力を認めており、自分も地元ならば買いまくっているだろう。と。
#だって、実入りが東京と遜色なくて、物件価格が相対的に安いですから、どう考えてもこっちでしょ。と。


彼の想定するスキーム自体は詳しく触れていなかったのでわかりませんが、おそらく、どのようなスキームで稼ぐべきかは気づいていることと思います。
大事なのは融資であることも。


こんな感じで、僕以外にもわかる方はピンときているんじゃないかなと思います。


ということは、いずれこの市場はレッドオーシャン的なものに変わっていくことと思います。
一般レジの不動産賃貸ビジネスと基本的には同じで、

 
     同じモンを作っていたら、いずれ淘汰される。
 


ということです。


よりビジネス性が強くなっていく性格のものなので、


  • コンセプトがしっかりしているか?
  • ターゲットは明確か?
  • ホカにないものはあるか?
  • 品質は安定しているか?
  • サービス面は充実しているか?
  • 何を価値として認識してもらおうとしているのか?
  • 地域にどんな影響を与えようとしているのか?

この辺を明確にしておかないと、最初はある程度稼げるかもしれませんが、数年のうちに「あれー?どうも予定通りに稼げないなー」という状況に陥ること必至だと思います。


一般レジの不動産賃貸ビジネスでは現状はここまで考える必要はないはずですが、近い将来この辺まで意識して回して行かないと、特に賃貸需要が薄いエリアでは、(例えば都内でも)かなり厳し運営になっていくことであろうと思います。


あ、僕はといえば、年明け早々、このビジネスの物件の入手に向け、業者さんに問い合わせ等を開始しています。


基本的に、政策金融公庫は、それを生業とする場合に、ある程度の形が整っていないといけません。なので、物件ありきで、事業計画を考えて、説得材料をきっちり揃えて担当者を口説き落とす必要があります。


まずは物件情報を或る程度詳細に詰めて、あらゆるシナリオを想定して、これを文書化して。。。


その上で、公庫へプレゼンであります。


んー、しかし、昨夜投げた業者さんへの質問への回答がないな、、、あ、そうか。今日は水曜でしたね。


明日回答があると思います。
その上で、一気に事業計画を練り上げていくつもりです。


あとは、最大の課題である、我が社の代表社員「妻」のレベルアップ。


僕が理解して腹に落としている内容を空に言えるくらいならないとまずいです。(金融機関の方って、相手を見透かすのが本当にうまいのでw)


そんな妻。
横で、息子のお遊戯会の衣装作りに没頭中。。。


んー。それも大事だけど。程々に。。。


#しかし、自分で動けないってこんなにもどかしんですねー。(笑)


今日は短めにこんなところで。
おやすみなさい。