読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

(一件落着)品川物件の10月分家賃について、旧管理会社から入金がない。話。(しかも、オチあり(泣))

最近、新スキームビジネスで頭が妄想でいっぱいになってきているので、現実もちゃんと見ましょうかw。


先週末気づいた、10月分の旧管理会社からの未収金の顛末について。


結果、一件落着です。
やはり、旧管理会社の手違いで入金が行われていなかったようです。
ちょっと、僕らの業界では考えられないことですが。(それに気づかない僕も考えられないですがw)


早速午前中に電話で担当さんから連絡が僕のケータイに入ったようですが、あえて出ませんでした。
この手の話は、ともすれば、感情的になるため、冷静に文書でエビデンスを残しておこうと思ったからです。


嫁さんから僕に連絡が入って、僕が電話に出ないからメールで回答きたよと。
やはり、入金ができていなかったと、詫びの内容であったということです。


まぁ、普通に考えれば、怒鳴られてもいいレベルの失態ですから、当然と言えば当然です。
とはいえ、後味悪いのも嫌なので、淡々と、期限を切って、入金をお願いします。と伝えて終わっています。


まだ終わった訳ではないので、入金を確認するまではキッチリ見届けたいと思いいます。


後で気づいたのですが、
10月分は、彼らのサブリース期限対象外であるということ。
契約は9月末までですから、確かにそういうことになります。


ですので、10月分は、サブリースではなく、そのまま入居者からの入金が入ってくるということに。
おー、15%+1万数千円の管理費が引かれないのはでかいなー。と、ちょっと喜んでいましたが、オチがありました。


1Rの一部屋が「滞納中」という事実。(ガーン。)


※そういえば、現管理会社の人と先週この件でお話ししていたときに「11月分が入金確認とれないひとが1名いるんですよ。苦戦中です〜」と言っていた人でした。


僕が認識している範囲で足掛け2ヶ月と言うことになります。
まいったな。


サブリースしている間は、こういった滞納等の問題は見えてこないのです。(基本的には、毎月の入金だけ確認しておけば良いので)


これはとっとと対応しておかないとまずい。
上記確認後、早速現管理会社の担当の方に連絡して、対応協力をお願いしました。


彼らも、入居者とのコンタクトを計っているらしいですが、現状捕まらない。と。
うぉー、川崎物件以来の、「夜逃げ???」の匂いが、、、


この部屋は、現管理会社の方が客付けしてもらった入居者ではないので、滞納保証(半年の)の対象外。
なので、インカムにダイレクトに反映される。


今は、それでも、サブリースよりも儲かっている状態ですが、
やはり、滞納者である以上、迅速に、毅然とした対処が必要となります。
甘さは禁物。こっちも商売ですからね。


しかし、気になりますね。
現管理会社の方の話では、保証人の方に連絡しても反応がない。とのこと。
あー、困った。


新しい管理会社の担当さんの力にまずは期待してみます。


でも、あれですね。
なんか、久々に、大家って気分です。


こういう苦労が川崎物件ではあったよなー。って。(不要な苦労なんですけどw)


こういうのを味わうと、僕の物件は地域がら、Aribnb向きなので、そっちで稼ぎたいなー、っていう、
グレーゾンが、僕の心理的な眼鏡を通してクリーンな市場を見据えるようになってきています。


だめ?ですかね?やっぱ、胸はって商売したいもんですよ。ね。


#でも、最近 Airbnb見ると、付近の物件が超高稼働率で、しかも、一部屋あたり、毎月僕の部屋の倍以上の収入を上げているんです、、、
 そりゃ、グレーがホワイトに見えるってモンです。


やっぱ、ダメ?

            僕の心と、秋の空。


しかし、そもそも、なんで、ここまでAirbnbがはやって、そして、社会問題化しそうになっているのか???


次回でその辺考えてみようかなと。


ま、とにもかくにも、入金問題は一件落着しそうってことと、新たな問題、滞納が始まったという話でした。
進展あれば共有させてくださいね。


今日はこんなところで。
おやすみなさい。