読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

今は、不動産業者さんとの関係作りが大切なのかもしれませんね。

こんばんは。
今日は軽めに。

土曜の夜、家に帰ってきてくたびれモードのところに、20時頃。
僕のケータイに連絡が入りました。


某大手不動産業者さんからの連絡。
時間は20時。


『掘り出し物の連絡か??(ドキドキ)』


ケータに出てみました。


「あ、どうも、○○のxxです。お世話様です。」


(ん、知らん名前だが、、、)『いつもお世話になっております〜。』
と言ってみたものの、やはりその担当さんの名前は知らないし、以前訪れた際の担当さんの名前ではありませんでした。


「あ、こんな時間にすいません。実は、kanaloaさんの担当をさせていただいた、△△が、移動になりまして、私が引き継ぎさせていただくことになりました〜♪ところで、まだkanaloaさんは、物件お探しでしょうか?」


#こんな遅くに担当替え程度で電話するんじゃねー。と思いつつ、でも、ちゃんと前の担当さん、僕の名前を忘れず引き継ぎをキッチリしてくれているんだ。と、関心しつつ、、、


『あー、いえいえ、全然かまいませんよ(かまうけど)。あらら、移動されたんですか。ご丁寧に連絡ありがとうございます♪もちろん物件は目下探しておりますよ〜。』


と答え、新たな担当さんとの関係作りを優先し、改めて僕からの希望物件を伝え、今後よろしくと伝えてその会話は終了。


まぁ、メールでもかまわないのに、、、と思いつつ、ちゃんと電話でコミュニケーションとろうとしてくれた彼の心意気を買うことにしました。


同業者さんの物件紹介の定期メールが、最近(本当に若干ですが)、多めになって、しかも、利回りも(本当に若干ですが)上がってきているような気がしています。
もしかして、そろそろ、中国の富裕層の迂回マネーが日本に届かなくなったのかしら?と薄い期待をしてます。
とにかく、彼らの巨大マネーが現在都心部の物件価格をつり上げてしまって、(本当はロジックとしては関係ないはずの)周辺の都内近郊物件までつられて物件価格が上がっていました。


この原因を作っているのが上記マネーだと聞きます。もちろん、昨今の不動産市況は、彼らだけではなく、対して儲からない物件(えー、その利回りで融資するのかい?というな感じの)に実力値以上の融資評価を出す金融機関自体にもその原因があるのですが、不動産市況をつり上げる原因の一つがなくなるだけでも、価格がもう少し落ち着いていいなぁとおもっていました。


彼らに対して、バンバン物件をさばいていたその業者さんからの連絡でしたので、「もしかして、、、」と考えています。


#今日もどこぞかのサイトで、中国のGDPはとてもじゃないけど信じられん。(7%ありえんでしょ。)的なことを書いていて、中国の実体経済が結構厳しいという話が上がっていましたし。


ということで、その業者さんの新しい担当さんに、改めて僕の求める物件増を伝えてその場を終えました。


こんな感じで、現在僕は過去に取引した業者さんや、最近足を運んで物件探しをお願いしている業者さんとの関係作りに勤しんでます。(妻は、来年立ち上げる予定の法人の名称・定款の考えています。)


こういった活動を通じて、いくつか物件の紹介を受けますが、やはり期待より1%後半〜2%も期待利回りより低い物件が多いんです。
普通に買っていたら絶対に経営が悪化します。


なので、僕は最近は物件購入を目的にはせず、業者さんとのパイプ作りに重点をおくことにしました。(もちろん、既存物件の経営最適化は常々念頭に入れて活動しております)。


10月の終わりの方で、最近中よくなった業者さんと飲みにいく予定。
おごろうかなーとおもったのですが、もう一人の上司も一緒に行きたいと言い出したので、んー、二人分はキツいなー、ってことで、今回は割り勘にする予定。あー、でも太っ腹な僕をみせたほうがいいかなー(笑)。


こういう地道な関係作りから「光る物件」の入手につなげたいと考えています。


まー、そんな下心満載な発想だけではなく(笑)、どちらかと言うと、業者さんならではの視点の情報とか、あと、そもそも、不動産自体が好きなんで、そういった単純な不動産大好き人間という立場同士での他愛もない話とかで盛り上がりたいという一面もあるんですよね。
10月のこの業者さんとの飲み会で、現在、企画中の新築プランの世界観について忌憚ない意見を聞いてみたいと思います。



大家さん同士の会話も大事ですが、
こういった、ビジネスパートナーとの関係作りも将来的にはプラスになるんじゃないかな。と思います。


#実は下手なセミナーより、こういった「ぶっちゃけトーク」の飲み会の方が生きた情報が得られたりして(ムフ)


では、今日はこの辺で。おやすみなさい。