不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

新しい業者さんと早速空室対策活動開始!!

なーんとなく、期末の成果も知れませんが、中古物件が多く出回り始めている感があります。利回りも下がりつつあるような。。まだまだ何とも言えませんが。


さて、昨日ご紹介した、義理の父母から「オーナー代行」を仰せつかった僕。
今日、正式に既存の2業者との募集業務解約を言い渡し、
新しい業者さんに「専任」にて契約をしました。

契約のカタチ

自主管理も考えましたが、僕は「餅は餅屋」発想で任せるスタンスをとってます。それなりにノウハウがいる世界ですし、何事もなければ自主管理は儲かることは当たり前ですが、何かあったときにそれまでの儲けが吹っ飛びますからね。この物件はシンプルに「収益を得るための”手段”」ととらえて、煩わしい作業はアウトソースすることにしました。


ま、何より、気持ちよくお金を払って、
その先にある「僕向けの本当の収益物件のぶつ上げを期待」しております。w


ちなみに、管理費は5%(滞納保証込み)


まぁ、この手の区分ならこれが相場かな。と。
やってくれることさえやってくれれば安いもんです。

募集資料作成開始!!


契約の通知を聞いたこの業者さん、早速私宛に契約のお礼と、募集資料のひな形を作成して送ってくれました。
まずは、この機動性の高さ。評価しましょう。


資料も、物件の特徴を一通り網羅し、表現されています。
が、地図を単に貼付けていたりするので、例えば、駅との距離感(7分なので)この距離感をビジュアル+言葉で伝えるべきだと思います。実際は途中上り坂がありますが、それよりも駅との距離感のなさを全面に打ち出すよう修正依頼を出します。
業者さんの宣材資料なのであまりレイアウトに口出しするのはやめておきます。


一方、僕の方A3資料に、もう少し今時のマンション風の宣材を作ってみようと思います。
こういった宣材資料は使ってはまずい表現等があるらしいので、これは守りつつ、この物件で繰り広げられるであろう、新しい家族の世界観を出してみようかと考えています。


分譲マンションなんですから。
その他賃貸専用では出せないエントランスの雰囲気や外構面の良さをうまく表現し、部屋から見える景色のすばらしさ(同時にプライバシーを確保できる位置にあることも含め)を伝えたいと思います。


あとは、こういったファミリー物件の決定権をもつのは奥様と聞きます。


なので、彼女達のこころを揺り動かす訴求点とそれにそったキャッチーなコピーを妻と考えてみたいと思います。


この辺は「品」と「格」をとけ込ませる必要があるので、ライターとしての腕が問われるところでございます。


一応、個人的にコピーライティングの基礎と、元広告代理店の方が出している凄く参考になる本からのエッセンスを学んでいるのでここでその成果が出せるのか。試してみます。

勝負は9月一杯か?


この物件、特にファミリー物件の次の山は9月末・10月頭あたりかと思います。
ちょうど各サラリーマンにはこの時期、転勤の内示が出るそうです。
内示がでたら、おのおの移動のための手続きを開始し、その中に新しい居を探す活動が始まります。


この時期を外すと次のピークは年末から年始、そして3月一杯。


その山までに決めておきたいものです。


家賃設定は、相場より5000円高めかな。
ここからスタートし、出来れば5000マイナス手前で決めたいと思っています。


#さ、週末は物件宣材の、ネタ写真取りしよっと。


ちなみに、僕の品川物件の方は、現在管理会社をこのままで行くか、新しいところに買えようかで妻と侃々諤々矢っております。
この辺の話はまた追って。


今日は短めに。
おつかれさまでした。