読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

(2015.07.10)物上げ業者さんとともに、信金さんと面談。

金曜はなんとか中国相場、闇の買い支えで踏ん張り切りましたね。
いったいどれだけのお金が某国からつぎ込まれたのか、
一寸先は闇です。ご注意。


さて、、金曜に最近お近づきになった物上げ業者さんのご紹介で、私の近所の信金さんに訪問してきました。

ちょっと、拍子抜けでしたが、まぁ、良しとしましょうか(笑)


業者さんからのご紹介ということでお邪魔しましたが、実はその業者さんの付き合いが深い信金さんの担当さんが、今日の支店さんを紹介してくれたらしいです。
紹介してもらった支店の担当さんがその日よんどころない事情で不在。
結果別の担当さんに代わって対応してもらったのです。


んー。ちょっと拍子抜けでした(これじゃ、あまり紹介の意味がないなぁ。)が。まぁ、これも縁のうち、受け入れましょう。


信金さんは、ご存じのとおり、事業をやっている本人の居住地エリア付近の支店さんが担当する(これは信金さんの成り立ちに沿ったあり方なのです。)ことになっています。


前回、僕個人でもう一つの近場の同じ信金さんに顔を出したときには(この時には完全に個人で突入)結構不動産賃貸事業にイケイケの担当さんでしたので当初はこの方で何とかと思っていましたが、時間とともにその方は別の支店へ移られそれっきり。


今回のもう一つの近所のこの信金さんの担当さんは、中堅どころの方で、よく言えば落ち着いて地に足がついている、悪く言えば、ちょっと柔軟性に欠けそう。(あくまで雰囲気ですよ。実際に取引してみないとわからないところが多々ありますので。)


初回の印象としては、まずまずですかね。

融資可能エリアの意識合わせをし、私の融資金利を参考情報として確認し散会。


僕の住まいは、横浜ですが、生活圏はほぼ川崎。
(ここまで書けば、どの信金さんかは一目瞭然ですが、あえて名前は伏せておきましょう(笑))


信金支店さんのテリトリーは、


  • 川崎
  • 横浜

ということです。僕が現状主戦場としているエリアと一致しますので、ここは問題ないですね。



あと、僕への融資時の可能額は上限は物件次第ですが、金利は、25年付近で1.5%の金利からあとは物件の個別の性格に応じてということらしいです。


これであれば、このエリアで頑張って実質利回りを9%くらいで狙えれば面白いんじゃないかな。


同席した物上げ業者さんはあくまで中古の物上げなので、場の雰囲気的に新築への考え方を聞きそびれたのが残念。


まぁ、融資に関してはまず問題ないということは確認できたから良しとしましょう。
あとは物件次第ですね。


あとは、金融機関に事前に配布する各種資料(確定申告3年分・源泉3年分・免許証・保険証・物件概要書)と、僕自身が端的にまとめている事業計画、実績報告書(これまで何をやってどれだけの実績を残してきたかを記した書類)をお渡しして終了。


あとは、物上げ業者さんの物件次第というところです。

今の所、信金さんは中国情勢はあまり意識していないようでした。


話の肴に、中国金融情勢についてふってみたのですが、担当さんは「まー、今のところは気にしてないです。」とのこと。
個人の所見でしかないため、何ともですが、一応は今回の中国市場の乱高下は、金融機関の個々の方々に上(金融庁)からの何かしらのお達しは出ていないようでした。


僕自身は結構危機感もって見ているんですけどね。。。


まぁ、一応は金融機関の姿勢は前のめり気味ということがわかったのも今回の収穫です。
一緒に前に倒れないようにしましょうね。
最終的な事業責任はあなた自身がとるんですから。


というとで、今日はこの辺で。(今日は新築の想定エリア付近の「足で歩いて感じるエリアマーケ」をやってきたので疲れちゃって。。。午前中はセミナー出てたしで、くたくたなのです。。あ、この辺の話は明日元気だったらUPしておきますね。セミナーはそれなりでしたが、このセミナーを主催していた会社のスキームがちょっと新しい(投資家にとってうれしい)ものだったので、この辺の情報も込で書いてみます。明日元気だったら書こうっと。)


それではおやすみなさい。