読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

不動産投資回顧録(川崎徒歩6分、区分9戸バルク買い物件:その4:物件紹介)

最初に購入させてもらった、川崎区分バルク(9戸)物件の不動産投資回顧録です。

いくつかの物件紹介(と挫折)を経て、ついに川崎物件を紹介してもらった!


物件紹介を依頼して、2、3週間はまったく音沙汰がありませんでした。
今思えば、そんなこと当たり前ですけどね。(笑)
当時は、「なんだよー全然紹介されないじゃん。。。」とぼやいていたものです。


#だいたい、業者さんに物件紹介依頼をして、数日のうちに紹介をされるような物件、ましてや、一見様のお客に対していきなりすてきな物件が紹介される確率はひくいはずですものね。


この辺、最初に業者さんの所に言って、「そういえば、こんな物件があるのですよ。」と提案されることがある場合はよほど冷静な目で物件の分析をすることをお勧めします。


物件を買いたいマインドバンバンの時には、


きっと(数字はそういっていないのに)この物件は儲かる物件だ!バイアス


がかかりまくりますから(実際私もそのようなテンションになったことが何度もありますから)本当に注意してくださいね。冷静に数字で判断することをお勧めします。
※ただ、極マレに本当に光る物件がたまたま見つかってマッチングの関係でたまたま一見さんのあなたに紹介されることもあるということもあります。この辺が不動産投資の難しさ(面白さ)かもしれませんけど。まー、きっとないですから。(笑)


結局2ヶ月くらいは放置プレイされていた状態でした。
で、自分たちは、自分たちで、ネット上に転がっている物件で面白そうな物件があれば、マイソク(不動産物件のチラシです)を取り寄せて、実際に現地へ行っては、「おわー、こんなん買ったらヤバいわ。。」と、理想と現実のギャップにやられていた時期でした。


そんなときに、ようやく、物件紹介がありました。


場所は、東京横浜を結ぶ人気私鉄、某駅から、徒歩2分。
確か新築で10%超(2006、2007年頃までは結構あったのです。こんな物件が。業者さんの儲け分をいれてもこの利回りですからね。すごい時代です。)。
ですが、結局これは、土地に、プランが入らずお流れに。。。


ちょっとガッカリ。


もうしばらくして、今度は、南武線、川崎よりの某駅か数分のアパートが7000万くらいで出そうだということで、(利回りは忘れましたが、確か10%は確実に超えていましたね。)期待に胸を膨らませていましたが、結局価格交渉で折り合いがつかなくなってこれもお流れ。。。


かなりガッカリ。。。


地道に続けていた、自分の足で探す物件も、全然期待にそぐわない物件だらけで、全然そろばん合わないしで、「あー、やっぱりいい物件てのは、僕らみたいな初心者にはなかなか買えないのかなあ。。」
とぼやいていました。


ただ、それでも、自分で気になる駅周辺の市場調査(と、名前はいいですが、要は、投資してみたい駅の周辺をウロウロして、不動産屋のチラシを店頭で眺めていたり、たまたま、つかまった営業マンと賃貸市場の話を(さも、オーナであるような顔をして)聞き出したりしてただけですけど。)は楽しかったので続けていました。


この辺が「好きこそもののナントカ」なんでしょうかね。


そんな日々を続けていた頃。


ついに、私のお眼鏡にかなう物件紹介を受けました。


それが、川崎駅から徒歩6分のスーパーな立地にある。区分9戸バルク買い物件だったのです。


とある、平日の夕方ころでしたか、当時の担当さんから電話があり、


『あ、kanaloaさんですか?ちょっとおもしろい物件でたんですけど。川崎から徒歩6分の物件』


「え、そりゃすごそうですね。どんな面構えで?」


『一棟モノじゃなくて、区分のバルク9戸なんですけど。しかも一筆ものの。』


「はー、区分。。。ですか。まー、いいんでないの?で、表面でどのくらいなの?」


『一筆もので9戸バルクはなかなか珍しいと思いますね。で、表面で11%超えてます。』


「ナント。引き直し賃料で?ってこと?」


『そうですよ。ね、面白そうでしょ?』


「うん!それは面白そう。是非詳細教えてください!!」


てことで、物件の詳細情報入手依頼をするとともに、待っていられないので、住所だけ聞いてさっさと見に行くことにしました。

ただ、担当さんにはひとことこんなことを言われました。


『けどですね。ちょっときったない物件ですよ。覚悟してくださいね』


ふふ。気になりますよね。
では、続きは次回に。(長くなるので)


いつも読んでいただき、ありがとうございます。