読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資は不動産賃貸ビジネスでしょ?

2007年に初めて不動産投資を始めました。ペースは遅いものの、2014年に物件1つ出口とりました(内部収益率約35%:譲渡税引後純収益2500万円)。これをベースに新たなフェーズ(規模拡大)に入る過程をあなたと共有させていただくと共に、さらにその先のフェーズ「不動産賃貸ビジネス」に昇華させていく過程もあなたと共有したいと考えています。今、不動産賃貸ビジネスは大きな岐路にたたされていると考えます。同志であるあなたとこの荒波を超えて行こうではありませんか!

不動産投資回顧録(川崎徒歩6分、区分9戸バルク買い物件:その2:その前に何故不動産投資を始めたのか?)

何故不動産投資を始めようと考えたか?

僕のたいした数は取引してませんが、過去の不動産投資回顧録をしばらく綴っていきます。
ご参考に。

何故不動産投資を始めようと思ったか?(の続き)

前回の記事で、将来への漠然とした不安から始めたいくつかの行動(紙の投資、ビジネス検討)の結果、最終的に残されたのが不動産投資であり、1冊の不動産投資本に思いきりインスパイアされた僕がいました。

というのが前回までの話でした。


それ以降3ヶ月程度の時間を区切って当時出回っていた不動産投資関連本をお金が許す限り買い込み、寝る間も惜しんで読み込みました。また、同時に不動産投資関連情報をネット経由でグリグリ調べまくっていたのもこの時期です。


もともと、家探し自体が好きなので、(現有の我が家も、基本的には業者にたよらず、自分の足で地図を辿りながら物件探しをした結果手に入れた物件です。半年ほど探し続けましたね。楽しかったです)不動産に関する話は全然退屈じゃなくて、ワクワクして楽しかったのを覚えています。


物件探しも楽しいし、物件のスクリーニング技術を学ぶもの楽しいし、これでお金が儲かるんだったら、こんなに楽しいことはない!


こんな動機で、僕の不動産投資家としての活動が具体的に始まりました。


かのロバート・キヨサキ氏の言葉で好きな言葉があります。


大事なのは「どうやって」ではなく「なぜ」だ


僕は、これまでに述べた背景があり、不動産投資家として歩んでいくことになったのです。
不動産の話は飽きがこないし、一つ一つが個性豊かな物件だし、そもそも、(これは後ほど話しますが)不動産投資は、投資というなの『事業』であるため、物件の商品化のために必要な知識・マーケティング、ビジネスパートナーである、様々な業者様とのコミュニケーション能力(交渉力)等が必要となります。


人間力も培われますし、今現在の自分の仕事のノウハウもそのまま生かすこともできます。


とにかく、自分で考えて、自分で未来を作り込むことができそうである。
そんな可能性のある、不動産投資に僕は取り付かれていったのだと思います。


さて、
情報をある程度漁りきった3ヶ月後には、次に様々ないくつかの主催のセミナーに参加してました。
今思えば、もう少し、個人投資家さんのセミナーにも参加すべきだったな。。。と今更ながら思ってみたりもします。


参加したセミナーの中で、話が面白く、かつ、投資物件をきちんとロジックでスクリーニングした上で、投資家に紹介してくれそうな業者さんに足を運び(業者さんの具体名はここでは控えますね。もしお知りになりたければコメント等で連絡ください)、
その日のうちに、物件探しの依頼を出しちゃいました。


さ、いよいよ、次回から、最初の購入物件である、川崎の物件の回顧録が始まります。
いつも読んでくださっている方々。お待たせしてすいません。